むちうち症

nackenschmerzen
当院では今までの知識を生かし、たくさんのむちうち症で悩む患者様を治療させていただきました。

交通事故によって好発するむちうち症ですが受傷初期は無症状のことも多く、徐々に筋肉の痛みや頭痛などの症状が現れ、長期にわたり辛い思いをされている方もいらっしゃいます。

むちうち症でお悩みであれば、そのつらさを改善させるのに、
少しでもお役に立てるよう当院の施術をご紹介させていただきます。

夜痛みで寝られない、気持ち悪い、不安や事故の記憶で心臓がバクバクする

病院でレントゲン撮影をしたが特に異常なし
湿布と薬だけで痛みがある・首の動きが悪い
周りの人に辛さを理解してもらえない。

このようなお悩みをお持ちの方が当院に来院されています。

IMG_1011
痛みの治療はもちろんですが、事故後の賠償問題などにも経験豊富な院長がサポートします。

むちうち症は病院でレントゲン撮影をして異常がなければ、外傷性頚部症候群、頚部捻挫と診断されます。
交通事故などの強い衝撃で重たい頭部がむちの様に振られ、その衝撃に首が耐えきれず痛めてしまうと言われています。
交通事故などの強い衝撃により体のすべてがアンバランスになる事も多く、全身の調整が必要になります。

当院では、交通事故後に起こる様々なケースを想定して
初診時にはしっかりとお話を伺い、施術方針を立てます。
早期回復を目指して患者様の負担を軽くすることに重点をおきます。

交通事故では、当初は痛みが無かった場合でも時間が経ってから痛みが発現することもありますので、初期の段階でしっかりとした説明と施術をさせていただき患者様ご自身に納得していただきます。

当院ではこんな施術をしています。

・炎症が強い状態であればアイシングや物理療法を中心に痛みの緩和に努めます。
・アクティベータによる脳・神経バランスを継続的に整えます
・心身条件反射療法により事故の記憶による脳の誤作動などを心身条件反射療法で切り替えます
・硬くなった筋肉を手技療法でゆるめていきます