更年期障害

みやお整骨院では、更年期障害の患者様を診させていただいております。imgres
このページが少しでもお役に立てたら幸いです。

 

申し訳ございませんが、私は男性ですのでその辛さを、体感することが出来ませんが、患者様との問診やコミュニケーションの中で、相当辛い症状であると感じております。

私があなたのお役に立ちたいと思いながら、書かせていただいております。

女性は閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモン
の一つであるエストロゲンの量が減少します。

その結果起きる症状が、更年期障害です。
更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。

日本人女性の場合、40代に入ると生理不順になる方がいて、
45歳くらいから閉経する方が出始めます。

個人差はありますが、日本人の平均閉経年齢が50歳ですから、
その前後の45歳~55歳あたりが更年期のピークだと推測されます。

閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が
急激に減少します。
それにともなってカラダにさまざまな症状が出現します。

エストロゲンは、卵巣で作られ子宮の発育や子宮内膜の増殖などに
かかわりがある大事な女性ホルモンです。

年齢によって変動し、思春期にはエストロゲンのレベルが上昇し、女性としての機能が
発達して月経が始まります。

性成熟期には規則的な周期で月経があり、エストロゲンの変動は安定したパターンで繰り返されますが
、更年期に入るとエストロゲンのレベルは次第に減少、月経が停止する閉経の前後には急激に低下していきます。

更年期とエストロゲンにはどんな関係があるのでしょうか?

卵巣が十分に機能している状態では、卵巣から脳へエストロゲンの信号が送られ、
その信号を受けた脳は、卵の発育を促す卵胞刺激ホルモンや、排卵を促す黄体刺激ホルモン
の信号を卵巣へ送るという、卵巣と脳の間でホルモンのやりとりがおこなわれています。

しかし卵巣の機能低下してくると、エストロゲンの量が減少するため、その信号を受け取った脳はより大量のFSHやLHをだそうとするようになり、ホルモンのやりとりがうまくいかなくなります。

このホルモンバランスの崩れが、更年期の原因と考えられているのです。

更年期の症状は個人差が大きく、症状が強く出る人もあれば、ほとんど出ない人も。そして、日常生活に支障をきたすほど強い症状が出る場合を「更年期障害」と言います。

症状

更年期初めに多く認められる症状

・ 月経異常:周期が不規則になり出血があることもある
・ 自律神経症状:ホットフラッシュ、ほてり、発汗、冷え、動悸、血圧の変化
物忘れ、集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、憂うつ、頭痛、めまい、しびれ

 

更年期中期~後期に多くみられる症状

・ 膣や膀胱などの衰え:頻尿、尿もれ、尿が我慢できない、細菌性膣炎をおこしやすい
・ 筋肉・骨格系の衰え:尿もれ、子宮脱、肩こり、背骨が痛い、関節痛、腰痛、足がだるい
・ 皮膚の衰え:しみ、しわ、たるみ、透明感の低下

上記以外にも、閉経後は女性ホルモンの低下により、徐々に高血圧がみられるようになります。

当院の治療法

みやお整骨院では、世界が認めているボキボキしないカイロプラクティック
と脳機能の働きを改善する機能神経学を用いた治療を行っています。

自律神経をコントロールしているのは脳なんです。
ホルモンの分泌も脳が関与しますので、脳機能を無視して治療出来ません。

脳にやさしい刺激を入れることができます。
それはカイロプラクティックの振動刺激や嗅覚・聴覚・光刺激など・・・

脳機能を正常に近い状態に近づけることで、更年期障害が改善していきます。

赤ちゃんでも受けられる全く痛みがない治療ですから、
ご安心ください。