ジャンパーズニー(ジャンパー膝)

ジャンパー膝とは、下肢のスポーツ障害のひとつで、ジャンプ動作などの  images
繰り返しにより発生する膝蓋靭帯炎および大腿四頭筋腱付着部炎です。

 

多くの場合、膝蓋腱のある部分や、膝蓋骨(ひざのお皿)のすぐ下に痛みと腫れが見られます。

はじめは膝蓋骨の下に、違和感を感じる程度ですが、少しずつ走ったりジャンプした時に
痛みを感じことが多くなります。初期のほとんどは、運動中や運動後に痛みが出ます。

炎症が悪化して慢性になると、膝が腫れて少し歩いたり、膝下に触れると痛みを感じ、
炎症の為安静時にもズキズキとした痛みを感じます。

膝蓋腱は膝蓋骨の下に付着しているため、腱への負担が骨にも伝わります。
まれに膝蓋骨の下端がはがれる「剥離骨折」が起こることもあります。

 

跳躍運動などのスポーツで膝に負荷がかかり膝蓋腱が損傷し、
炎症を起こしたものが膝蓋腱炎です。靭帯炎、ジャンパーズニージャンパー膝
などとも呼ばれます。

ほとんどは損傷は軽度で、小さな部分断裂が見られる程度ですが、
重症になると腱が完全に切れてしまう「膝蓋腱断裂」が生じることもあります。

 

膝蓋腱炎は、膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害です。
ジャンプをする跳躍運動や、ボールを蹴るような動作、ダッシュを行う陸上競技に多く発生します。

また、練習やトレーニングでランニングを多く行う競技での発症します。
ジャンプやランニングはスポーツの基本的な動きなので、それだけ多くのスポーツで
起こりやすく比較的発症する人数も多い障害です。

好発年齢は10~20歳ぐらいの年齢に多く、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、
背の高い人などに多く見られます。

成長期において骨の成長に筋肉の成長がついていけず、筋肉は硬く腱も伸ばされた状態になり、
膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためです。

<発症しやすいスポーツ>

  • サッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上競技、バドミントン、スキー、スケートなど

 

【当院での治療】

炎症症状がある場合は、アイシングを行いカイロプラクティックで全身の神経系の調整を行います。
膝が痛くても、原因は他にある場合がほとんどです。

例えば左膝下が痛くて、検査すると反対の右股関節の神経の働きにエラーがあり、
結果左膝に負担がかかり症状がでているようなことも多くあります。

当院では運動を休まず治療を進めていきます。
これは休んで痛みがなくなる場合は、運動を再開した際に再発する可能性が
高いからです。