足関節捻挫

足関節捻挫は、整骨院でもよく診る症状の1つです。
捻挫って良く聞きますが、知ってますか?

捻挫とは、簡単にご説明すると、関節を捻ったりすると
骨と骨を結ぶロープ(靭帯)が痛むのです。

捻挫は足関節に多くみかけられます。

足首を内側に捻る内反型が9割で、残りの1割が内反型になります。

捻挫すると、症状として熱感・痛み・脹れが出現します。
処置として、冷却・物理療法・固定することが一般的です。

捻挫も骨折が隠れていることも少なくありません。
骨に付着している靭帯が、剥がれる剥離骨折や腓骨骨折などがあります。

当院ではカイロプラクティックで治療します。

痛めた靭帯を治すにではなく、足関節周辺の筋や神経を
整え機能を回復させます。

来院時に歩けなかった方が歩けることもよくあります。

足首を捻ってしまったら、足を高くして
氷水で冷やしてください。

当日はシャワー程度にしていただき、
お風呂に入り温めないようにしてください。

 

images