さいたま市浦和区にお住まいで痛みでお困りのあなたへ

痛みについて

こんにちは。
みやお整骨院の宮尾です。

痛みのページをご覧いただきありがとうございます。
あなたはカラダのどこに痛みがありお悩みですか?

どんな痛みであれ辛いですよね。
私も色々な痛みで悩んだ一人ですので、
その辛さがよくわかります。

骨折・捻挫・腰痛・頭痛などの痛みで
辛かったですし痛みを我慢してきました。

痛む箇所が痛みを出していると思っていませんか?
実はどんな痛みも脳が感じているのです。

痛みとは、痛い箇所と脳との電気信号のやり取りなんです。
ご存知でしたか?

 

痛みには種類があります

①(急性)鋭い痛み(早い痛み)ーAδ繊維
急性のケガなどの痛みは、例えば足首をグキッっと捻った時に
瞬間に早い速度で鋭い痛みを感じます。

②(慢性)ジワジワした不快な痛み(遅い痛み)ーC繊維
慢性的な腰痛などでは、ジワジワゆっくりと遅い速度で痛みを感じます。


この異なった2つの痛みは、それぞれ固有の回路(Aδ繊維とC繊維)を通って脳に伝わります。

①の鋭い痛みは、早い痛みでその後適切な処置を行えば問題ありません。
②の慢性的な腰痛や肩こりなどの痛みやシビレなどは、不快な痛み(遅い痛み)であり、
なかなか改善しない慢性的な痛みです。

 

ポイントは脳・神経・筋肉です
pain

組織が何らかの原因で刺激(損傷)を受けると交感神経の交感神経が興奮し筋肉が緊張を起こします

           ⇩

血管が収縮し筋肉中の血液量が低下し酸欠状態になります

           ⇩

酸欠が起こるとブラジキニンという発痛物質が産生されます

           ⇩

発痛物質が刺激となって痛みの電気信号が作られ、神経から脳へと信号が伝わって痛みを認識します

 

記憶による痛み

繰り返される痛みを、脳が学習し記憶します。
昨今の医学情報では、慢性の痛み記憶として脊髄後角が関与すると言われています。

記憶には意味記憶とエピソード記憶があります。

例えば「寒いと痛くなる」としましょう。
上記の寒いと痛くなるがセットになり記憶されて
寒くなると実際に痛みを感じるようになります。

通常痛みは、末梢から脳に行きはじめて痛みを感じますが、
この記憶による痛みがあると、脳内で作られる痛み信号なのです。

とはいってもその痛みは、慢性の痛み・急性の痛み・記憶による
痛みなのか・・・

個人では判断するのは難しいですよね。

当院では初診時に、あなたが抱えている辛い症状・痛みの症状が
どこからきているのか、20分程のお時間をいただき、検査・ヒヤリング
のもとお伝えしています。

痛みの原因を知ることで、脳と神経の作用によりあなたの辛い症状は
劇的に改善しますよ。

痛みの原因を知りたい!
そんな方はぜひ、当院の施術を一度体験なさってみてください。

14310398_1094840290592432_7698779066517200078_o